プロジェクトマネージャーの育成方法とは

プロジェクトマネージャーになったばかりの方の場合では、長い期間を要することで得られる経験が足りないのが問題点となります。この経験を養うためには、通常の業務で行われるプロジェクト進行に関する体験を擬似的に体験することが必要です。例えば、経験がない場合には、チーム内で議論し効率的にプロジェクトを進行し、的確に相手に伝えることや、チームを上手く誘導していくことが必要です。

そこで、疑似体験用のマニュアルを作り、実践を重ねることで足りない経験を補います。マニュアルの中には、実際に起きたプロジェクトの失敗例を取り入れ、「失敗した原因とは何か、それは予測ができる範囲だったのか」という問題を与えます。実際に起きた失敗例なので、確実な回答を得ることが可能です。自分自身が起こしたトラブルでも、マニュアル化することによって、同じミスを防止する効果を得られます。また、自分がこれまで行ってきた経験の中から、自分の強みとできる部分や逆に弱みとなる部分を把握し、ノートに書き可視化させることで意識を高めることができます。

例えば、3年間のメモリアルノートを使用する場合では、毎日ノートに今日の業務内容の進行具合について、疑問点やミスを犯した点を書き込みます。書いた内容を毎日見直すことで、3年後には確実に経験や知識として身につきます。これらの方法の中でマニュアル化する育成方法は、実践するプロジェクトマネージャーの上司にあたる方や、チームの手助けも必要になります。プロジェクトマネージャーになる心構えとしては、常に日々の業務内容を復習し、次に繋げる努力を欠かさずにすることです。

企業がプロジェクトマネージャーを育成する姿勢も必要ですが、技術者自身が己の自己啓発を磨くことも何より大事なことでしょう。将来的に独立も視野に入れて、スキルアップのヒントになる情報をひとつご紹介します。自己育成への最初の一歩はこちらから。

プロジェクトマネージャーの育成について

プロジェクトマネージャーとはクライアントの要望に応えるプロジェクトの計画を立てて実行し、そして完了させることです。大工で言えば棟梁のような存在で、参加するメンバーを束ねて業務遂行に向けてコントロールすることになります。そのために必要な技能としては、まずクライアントとの綿密な打ち合わせから必要とされる要望を全て聞き出す課題発見能力と、それを解決するための計画を立てることとなります。さらにその計画を遂行するために必要な人材を確保し仕事を割り振る能力に、スケジュール通りに計画を遂行させるマネジメント能力となります。

このように多方面に関する能力を育成する必要があるために、同じプロジェクトマネージャーとしての経験とスキルを体系的にまとめて教えるシステムが必要となります。なおかつ、そのような高度なビジネススキルを身に付けることができるような人材を選別することも大事です。高いポテンシャルを保有する人材を見つけることも育成を行う前には必要となります。その上で、実務を通して体系的に育成する形となります。そこで様々な経験と失敗とを繰り返し、多くの気づきを得ることでプロジェクトマネージャーとして成長していくことになります。

そのようにして取得したスキルはそのまま、管理職として利用することができるので、ある意味幹部候補のための教育を同時にこなすことにもなるので、非常に効率の良いものとなります。それを踏まえての人選も必要というわけです。