プロジェクトマネージャーの育成について

プロジェクトマネージャーとはクライアントの要望に応えるプロジェクトの計画を立てて実行し、そして完了させることです。大工で言えば棟梁のような存在で、参加するメンバーを束ねて業務遂行に向けてコントロールすることになります。そのために必要な技能としては、まずクライアントとの綿密な打ち合わせから必要とされる要望を全て聞き出す課題発見能力と、それを解決するための計画を立てることとなります。さらにその計画を遂行するために必要な人材を確保し仕事を割り振る能力に、スケジュール通りに計画を遂行させるマネジメント能力となります。

このように多方面に関する能力を育成する必要があるために、同じプロジェクトマネージャーとしての経験とスキルを体系的にまとめて教えるシステムが必要となります。なおかつ、そのような高度なビジネススキルを身に付けることができるような人材を選別することも大事です。高いポテンシャルを保有する人材を見つけることも育成を行う前には必要となります。その上で、実務を通して体系的に育成する形となります。そこで様々な経験と失敗とを繰り返し、多くの気づきを得ることでプロジェクトマネージャーとして成長していくことになります。

そのようにして取得したスキルはそのまま、管理職として利用することができるので、ある意味幹部候補のための教育を同時にこなすことにもなるので、非常に効率の良いものとなります。それを踏まえての人選も必要というわけです。