若手プロジェクトマネージャーの育成方法

プロジェクトマネージャーになりたての若手の育成法で最も重要な事は、問題が起きた時や起きる前の検出能力などの経験をいかに早く確実に身に着けさせるかに絞る事が出来ます。全ての経験は業務を長く行っていく事で培われていく物ですが、システムの設計や構築などに携わるエンジニアを効率的に誘導するリーダー的存在のプロジェクトマネージャーは、常に目の前にあるプロジェクトをスピーディーに進行させる事が求められています。

後任として育てなければならない場合では、早い段階で思考マニュアル化を徹底させ習慣化させる事で経験を通常の2倍以上のスピードで増やす事が可能になります。思考マニュアル化とは、簡単に言うと疑似体験をさせる事です。今までのプロジェクトの中で起きた問題点を用紙に可視化し、用紙の裏にはその問題点の答えを載せます。実際に起きた今までの問題と原因を疑似体験させ明確な回答を得る事で、リアルな経験を増やしていく事が思考マニュアル化の目的です。またノートに日ごとのプロジェクト内容や進行具合を詳細に記入し、問題点はないのか検出をさせるようにします。

前任の担当者はこのノートを確認する事によって思考能力を見る事が可能です。この思考マニュアル化方法や思考記入ノートはチームや前任者の協力が最も大切になります。思考マニュアル化の基本は過去に起きた実際の問題点を挙げていますが、その場で考えた状況下を元にして考察する事も有効的です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です