プロジェクトマネージャー育成向きの人とは

プロジェクトマネージャーとは、あるプロジェクトでどんなプロジェクトなのか要件を整理したり品質を保ったり、進行具合がどのくらいなのかを確認して管理するというような仕事です。このような技術は最初からあるわけではなく、必要なスキルを人に教えたり育成する必要があります。

育成に向いている人は経歴や性格に特徴があるのです。ひとつはIT業界やプロジェクトについての参加経験者であり、もちろんプロジェクトマネージャーの経験者ということでしょう。マネージャーではなくても、ディレクター業務などの経験者、進捗管理、上流工程の経験者などが適しています。このような人たちはプロジェクト管理の経験を積んだり、それに近いことを経験していますから、全く経験がない人にも教えやすいのです。また、その会社やプロジェクトごとに違う管理方法やノウハウなども伝えることができるでしょう。

もう一つ向いている特徴がある人といえば、やはり人に教えたり育成について興味がある人、現場の回し方やうまいやり方を知っている人などです。基本的に人から人へのノウハウや仕事の進め方の継承ですから、教えるのが下手な人や経験がそこまでない人にはあまり向いているとはいえません。ちなみに、人と関わるのが苦手な人もあまり向いているとは言いがたいのですが、そのような人は経験を積むことで人に伝えることになれたり指示を出すときに丁寧な場合も多いので、気負わず挑戦してみてもいいでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です